Drawing

映画や本の感想をつれづれと綴っていきます。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フランス革命―歴史における劇薬 | main | 若きウェルテルの悩み >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

オーストラリア

---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 2,813
(2009-08-12)

JUGEMテーマ:洋画
 
再映されていたので観に行きました。
長かったですけど、面白かったです。
主演の2人と、アボリジニー役の人々がよかったです。
最初のコメディタッチは面白かった。
オーストラリア版「風とともに去りぬ」って言われるとなるほど
そんなかんじです。
牛追いシーン、オーストラリアの大自然、日本軍による空爆シーン
(※上陸はしていない)は映画館でみて迫力があってよかったです。

| チャイ | 映画(映画館) | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kazamihonpo.jugem.jp/trackback/325
この記事に対するトラックバック
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS