Drawing

映画や本の感想をつれづれと綴っていきます。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 可愛い女(ひと)・犬を連れた奥さん―他一編 (岩波文庫) | main | オーストラリア >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |

フランス革命―歴史における劇薬

ジュニア向けっぽいですが、相当面白かったです。
いい本でした。

出版社/著者からの内容紹介
「自由・平等・友愛」を合言葉に,
近代の世界史上に最大の劇的転換をもたらしたフランス革命-.
この事件は,人間精神の偉大な達成である一方で,
数知れぬ 尊い命を断頭台へと葬った暗い影をもつ.
なぜ革命はかくも多大な犠牲を必要としたのか.
時代を生きた人びとの苦悩と悲惨な歩みをたどりつつ,
その歴史的な 意味を考える.
| チャイ | 読書 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| スポンサードリンク | - | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
PROFILE
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS